about Daegu

55大邱広域市はソウル、釜山に継ぐ、実質、韓国第3の都市です。 韓国の東南部にあり、街は盆地状に広がっています。郊外には豊かな自然があふれ、美しい山並みが目に入ります。
慶尚北道の道庁所在地で、人口は約250万人。主要産業は繊維、自動車部品、メガネ、流通などがあげられ、韓国を代表するサムスンも、ここ大邱が発祥の地です。李朝時代には慶尚道北部エリアの最大都市として繁栄し、現在も産業や文化において、その歴史が感じられます。
また、学園都市としても知られ、大学8校、専門大学6校のほか、ポリテク大学(技能大学)2校があります。そのため、東城路などの繁華街や在来市場などにも、若者の熱気が感じられます。
大邱の観光はおもに中心部と郊外に分けられます。中心部にはグルメやショッピングが楽しめる繁華街「東城路」、朝鮮時代には国内三大市場のひとつであった「西門市場」があります。また、400年以上の歴史を持つ韓方薬市場「大邱薬令市」も人気です。街にはコルモク(路地)が無数に走り、コルモクめぐりも大邱観光の柱になっています。そして、郊外は「八公山エリア」「達城エリア」「アプ山エリア」など、自然の中で森林浴や温泉が楽しめるほか、名刹や古墳も残されています。
現在、大邱まで東京・大阪・福岡・札幌・沖縄(2017年5月予定)より直行便が運航。また、KTXでは釜山から約45分、ソウルからは1時間50分の近さです。金海空港からは高速バスで約1時間10分でアクセスが可能です。
 

———————–Colorful DAEGU

111

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です